薄毛について記載しています。薄毛は主に成人男性に多く見られる症状です。 男性型脱毛症のことをAGAと言い、Androgenetic Alopeciaの略です。 抜け毛の度合いや進み具合には個人差がありますが、早い人では10代からAGAを発症する人もいます。

薄毛と言っても様々なパターンがあります。抜け毛や髪の毛全体が細く弱くなっていって頭皮が透けて見えてくるものなど。また生え際から薄くなっていく人や頭頂部から薄くなっていく人がいますがいずれにしてもAGAは進行し続けていきます。したがって予防と対策には早めのケアが必要です。毛髪には成長期・退行期・休止期と言う3つのサイクルがあります。

この中で最も長いのが成長期で正常な人の場合2年から6年と言われています。この間に髪毛は太く成長していきます。しかしAGAの人は成長期の期間が短くなってしまい、毛髪が太くなる前に抜け落ちてしまいます。そのため次第に細くて弱い髪の毛の割合が増えてしまい頭髪の密度が薄くなっていってしまうのです。男性ホルモンの一種に「テストステロン」と言う物質があります。

体毛を濃くしたり、筋肉を増加させ太く強いものにするなどの働きがあります。このテストステロン自体には脱毛を起こす作用は無いのですが、近年になってテストステロンが「5α-リダクターゼ」という酵素によって「ジヒドロテストステロン(DHT)」という物質に変化することが分かってきました。

この「ジヒドロテストステロン」が毛乳頭にあるアンドロゲンレセプター という男性ホルモン受容体に作用して脱毛を起こしてしまうのが脱毛、薄毛のメカニズムです。更にこの「ジヒドロテストステロン」はテストステロンの10倍~100倍も強い作用を持つといわれています。AGAの人の場合、このテストステロンと「5α-リダクターゼ」のバランスが崩れてしまい過剰に「ジヒドロテストステロン」を産出してしまうのです。

またAGAの人の場合ジヒドロテストステロンに過剰反応する事が分かっています。AGA(薄毛)は立派な病気です。現代では5α-リダクターゼの作用を阻害する薬を飲むことで薄毛の進行を食い止めることが出来ます。また正しいケアを身に着けることで薄毛の症状は改善します。